seesaa_site_id = 'activation'; seesaa_floating = false;

2015年06月29日

多分これは幸せな悩み。

某小集団の取りまとめというか、プロデューサー的な役をさせてもらっているのだが、先日一人の脱落者を出した。

彼女のモチベーションとスタンスを、みんなと同じベクトルに向かわせてあげることができなかった。僕はそこから大いに学ぶべきだ。

貨幣経済で生きるには金がいる。そして、時間も考えなくちゃいけない。何故か。人は死ぬからだ。こんな簡単なことを、彼女のモチベーションをくすぐるような言い方で伝えることができなかった。

きっと自分がわかってないからだろう。僕は、口ではそういう大きなことを言っておきながら、自分の行動が伴っていないのだろう。それから少し経つが、僕は何かを変えてこれただろうか。

嫌われるようなことでも言わなければならないことは言わなければならないのはとても辛いこと。でも、わかってくれた時の喜びも既に彼らとは度々わかちあっている。まだやれるかな。じゃなくて、やるんだよ。
posted by 山 at 13:51 | Comment(0) | 人間関係・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする