seesaa_site_id = 'activation'; seesaa_floating = false;

2013年11月17日

常識とは、ただの自分ルールのことである。

あんたと私の常識は違う。

もとい、常識はみんな違う。

でもそんな相手とも
電車で隣に座らなきゃいけなかったり、
交差点ですれ違わなきゃならなかったり、
時には体を重ねなきゃならなかったりする。

だから法律がある。

なんで駐車禁止か?
道が狭いからではない。
法律でそう決まっているからだ。

常識を語る者ほど無法者で、
その常識こそ、非常識だ。

他人に自我を通すために感情的になる様は
実に見苦しく、なお滑稽。

税金で担保される法律を利用すれば、
何の揉め事も起きない。

悪法も法たる所以。

悪法と非難するなら法改正に動け。

詫びる必要はない。
待ち受ける法的なペナルティをこなせばフリーだ。

image-20131117101021.png

常識が違うどうし、
感情レベルで張り合うのは時間の無駄。

感情をぶつけるのは相手に甘えているだけのこと。

ドライに、冷静に。

丸か罰か、YesかNoか。

ペナルティ覚悟で法を犯す者から
身を守ることだけに熱くなればいい。

人のセックスを笑うな。
posted by 山 at 10:04 | Comment(0) | 法律・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: