seesaa_site_id = 'activation'; seesaa_floating = false;

2016年06月06日

【安田純平】拘束ジャーナリストのヌスラ戦線からの生還劇

どっかの慰安婦連合が10億円で手を打つと同意する中、安田純平っていうジャーナリストさん1人に11億円の身代金が掛けられたらしいじゃないですか。

しかも11億ってのは、協議のもとで決められたのではなく、客観的に値付けしてきたわけで、国際的に見て日本人1人の価値と慰安婦やその国の人間の価値とは全然違うんだなぁってことを痛感しましたねー。

で、政府が彼を買い取るか否かってのはまぁ、一族郎党は気になってしょうがないんでしょうけど、助けて下さい、ってのは書かされて言わされてるだけ、に一票。じゃなければ11億円のうち1億円は彼にキャッシュバックされる仕組みなんじゃね?

こういうのが起こるたびに、自己責任論と政府ちゃんとやれってのが飛び交うんだけど、普段こき下ろしてる政府にこういう時だけすがり付くのも本人の望むところではないと思うんだよね。

いずれにせよ、一ヶ月もタダメシ食わせる宣言してるんだから殺す気はないだろうから大丈夫だよ。殺してもメリットもなかろう。ただ、政府は大変だよね。だって、期限が2日とかなら、

「あー、殺されちゃったねぇ、遺憾、強い憤りを覚えるって発表すればいい?いいよね、じゃぁそれで。一応原稿書いといてね。5分で読めるくらいのがいいかな。名前は振り仮名ふっといてね、間違ったら怒られちゃうから」

てな感じだろうけど、一ヶ月もあると、一ヶ月間政府が何をやってたのかを発表できるようにしなきゃいけないから、電通あたりがおおわらわ。まぁ報道用雛形くらいあるだろうけどね。

日本って別に選んで生まれてきた国でもないし、安田純平っていうジャーナリストさんと親しいわけでもないので、どこか東の大陸の知らない小さな国での出来事っていうくらいの関心レベルなのよね。あ、東に大陸あったっけか?

自己責任だろ、死んでも本望だろ、死ねよ、とかとは全く思わないし、無事で帰ってこれたらそれは良かったねぇ、とは思うだろうけど、それは、自分だったら今まだ死にたくないから。それ以上でもそれ以下でも無いわけよ。他の国の人が拉致られて同様の事件になっても一緒。無関心?いや違う、言うなれば無関係なのだ。

さてさて、では一体、国家としては国民がテロの被害にあったり、拉致されたりした時に何をすればよいか。そんなに難しい話では無いと思うんだよね、現行法が許せば。

人質をとって立て篭ってる銀行強盗に対してどういう対応をするかを考えればわかる。11億円出さないと人質を1人ずつ殺す、とかって言ってるわけですよ。どうします?しかも銀行強盗は燃料満タンの逃走用車両を用意しろとかいうのが相場なのに、今回のケースは金さえ出せば良いんだから簡単だ。

11億円渡して人質を回収、その後で逮捕。今回もまずは払ってから、世界に誇るとかっていう自衛隊とフル装備を注入して、本気とかってのを見せたらいいんじゃないかね。

言うは易しかもしれないけど、他にどんな手があるんだい?水面下で外交筋が交渉を重ね、って、誰の税金でメシ食ってんだよ、見えるところで仕事しろ。終わってからでいいからちゃんと報告しろ、と思っちゃう。

受益者負担の原則を考えると、交渉でどれだけ値下げされても、ただ払うのは許し難い暴挙。または拘束された安田純平というジャーナリストに課税扱いで請求しよう。破産しても税金は消えないからね。でないと、実は武力勢力とグルでした、ってのを防げない。

自分の身は自分で守るもんだ。もうじきアメリカ様も守ってくれなくなりそうな雰囲気だしね、やられても泣かない、じゃなくて、やられたらやり返す。野蛮だ?じゃなくて、それを正義とする連中とやり取りするには、言語を、常識を、単位を揃えなきゃならないってこと。

日本人の常識にのっとった対応を相手方に期待するから不満が起きる。赤いところや半島から散々やられても全く学んでない。例えこの国の法律がその手段を許さないなら、法律が整っていないってことだ。

甘ったれるんじゃない。血を流さないために自分は何をしてるんだ。たまたまご近所で流血事件が起きてないだけだ。だから、こんな田舎でこんな事件が起こるなんて信じられな〜い、となる。ただの井の中の蛙じゃないか。見たくないものを見ないようにしてきただけ。今もそのツケはどんどん利息付きで溜まってきてる。

安倍っていう人は、それをなんとかしようとしてるのかね。いや、応援も批判もしない。お手並みくらいは、拝見する。

posted by 山 at 08:36 | Comment(0) | 法律・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: