seesaa_site_id = 'activation'; seesaa_floating = false;

2016年07月12日

【正論】これが民主主義の選挙の実態だ


まぁ、誰がなんと言おうと、
選挙の結果が民意です。

選挙の結果に不平不満を漏らすのは、
少数派、マイノリティと知るべきです。

選挙前に、
鉛筆投票はおかしい、
不正選挙だ、
と、騒ぐのがいました。

私が行った投票所はボールペンでした。

そうしたら今度は
投票用氏のすり替えを疑う発言が出てきました。
まぁ前から囁いてる人はいますが。

結果を受け入れられない人は、
自分の要望が通るまで
突っ込みどころを探し続けるのでしょう。

証明できないからスルーされる。
公明正大さを証明できないなら
不正だろう、
ということ。
でも、
不正であることも証明できない。
不毛。

不正だ、無効だと言いたければ、
不正の証拠をしっかり抑えて、
出すべきところに出すのです。

ネットにゴタクを並べることを民意だ
と勘違いしてる。
そんなもの、
何の意味もない。
あなたの貴重な時間と労力の
無駄。

とても大事なことを言います。

多くの反対意見は、
もっと多くの賛成意見より
少数なのです。

いやいや、
僕がどこに投票したとか、
誰を落選させたいとか、
そんなことは関係ありません。

選挙自体が不正選挙だろうと、
不正を暴かれていない以上、
選挙の結果が民意です。

ところで、
何年も前から繰り返し言ってますが、
投票しなかった人は、
税率が上がろうが、
改憲されようが、
戦争を始めようが、
次の選挙まで
政治にも政権にも
一切不満を述べるなよ。

不満を言ったところで何の説得力もない。
無駄。


posted by 山 at 10:55 | Comment(0) | 法律・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: