seesaa_site_id = 'activation'; seesaa_floating = false;

2016年07月25日

【自動孵化装置】ポケモンGOのためにGoogleアカウントを新規に取得してもムダ。仕組みと危険性とは?


先日、日本国内でもリリースされて、電車内でも右も左もポケモンGOの画面だ。何故こんなに人気なのかを検証しようと、普段ゲームなんてしない私だが、ダウンロードをしてみた。

で、結論から言うと、危険極まりないこのポケモンGOは、僕の端末からは削除しました。

その仕組みと危険性は以下。

@ログイン時にGoogleアカウントと紐付けされる。
→個人情報漏洩防止の観点から、GoogleアカウントをポケモンGO用に新規取得するようにアナウンスしているサイトもあるが、Googleアカウントは、同一ネットワーク(家庭のWi-Fi)からの接続があった端末を関連付けするので、Googleアカウントどころか端末を新しくしても、自宅Wi-Fiに接続した時点で無意味なのだ。Wi-Fiを使わず、キャリア回線にしか接続しない端末であっても、同じPCに二台のバックアップをした時点でGoogleが関連付けできることに注意。この時点で私の端末からはアンインストールをした。

Aポケストップは、地域によって密度や数が大きく異なる。
→このゲームが継続してヒットするかどうかの鍵は、ポケストップの設置場所にあるといっても過言では無いだろう。まずは元々人が集まる傾向にある場所(大型ショッピングセンター、主要駅、人気の観光地など)に重点的に設置し、分母を確保した上でこれを減らさないために次のBにつながると考えられる。

Bポケストップの設置ビジネス
→ポケモンGOのポケストップには、普段訪れない人が立ち寄る可能性が非常に高く、来客数増加を狙う企業や商店が、ポケストップの設置を望むことも考えられる。ポケストップの設置位置やタイミングは任天堂が決めることができるのだから、有料で設置サービスが提供される可能性がある。料金体系に寄っては、個人が購入することも可能になるはずで、その場合考えられるのは自宅へのポケストップの設置であるが、これを自宅として登録しなかったとしても、滞在時間や滞在時間帯からこれを自宅として判断するアルゴリズムの生成は至極簡単であるため、Googleアカウントと住所情報が単純に紐付けされる。
例えば、法人向けのポケストップ設置サービスは全世界から閲覧でき、集客ツールとなり得るために高額で、個人契約の場合は半径5m程度と小規模な閲覧範囲となるために比較的安価なサービスとなる、などが考えられる。
また、ポケストップを設置するサービスが開始された場合は、いよいよ自宅情報詳細を提供する必要が出てくる可能性もある。自宅と偽って、攻撃しようとする相手の自宅や、交番など行政サービスを登録することでその相手に間接的な迷惑行為を行ったり、機能を低下させることができるからだ。
逆に住所詳細が不要であれば、キライなアイツの家にポケストップを設置して、日夜問わず家の周りを見知らぬ人々に大挙させるというイヤガラセが可能だ。

C個人情報漏洩
→企業や役所や教育機関からの個人情報漏洩が大きな社会問題となっている中で、ポケモンGOによって、Googleのアカウント(を使用したショッピング、などのサービスの全て)と、位置情報が関連付けられてデータベース化される。情報とは、それが作成された瞬間から、漏洩を待ち続ける存在である。サイバーテロの首謀者は、どんなデータベースを狙うか。不人気サービスのデータベースを狙うか。それもより多くの個人情報が蓄積されたデータベースを狙うか。子供でも答えられるだろう。いつか、必ず漏洩される。無料のサービスゆえ、大した補填も無いだろう。

Dポケストップを使用したテロリズム
→通常、人が立ち入ることができない場所へのポケストップの設置は、人が集まらないためにあまり意味が無いか、または、不法侵入を誘発する危険性がある。しかし、限られた人が常にいる場所への設置は、任天堂側がその中の人の監視に大変有効である。例えば、某所の守衛所では特定の時間にポケモンGOがプレイされていて、その端末がポケストップに立ち寄るタイミングは何時から何時に集中している、などとわかれば、その設備の警備の状態が丸わかりとなる。
こうやって任天堂が把握した端末の動向が、任天堂の中にとどまり、任天堂がビジネス展開のために使用するのであれば、利用された側のユーザー自身の防御力の弱さを呪えば良い。
皇居にポケストップが30箇所も設置されている現状、任天堂はいったい何を把握することができるだろうか。恐ろしい展開を想像できない人の想像力は、問題があるレベルと言わざるを得ない。

Eその他
既に散々アナウンスされているが、ポケモンGOは歩きスマホを誘発する。本人が危険な目にあうのは自己責任とはいえ、既に散見される夜中に外を徘徊する子供が増えるのは如何なものか。
更に、ポケモンGOはカメラを使用する。人が多く集まるところでカメラを使用することの意味と、それをポケモンGOを言い訳として許される風潮となることへの懸念がある。基本的に、通常見えているものを撮影することに犯罪性は無いと考えるが、トラブルも予想される。
企業貸与のスマホの場合、総務かIT部門が徹底した管理が要求される。とにかくバッテリーの消費が激しく、業務への支障や、端末所在地情報の漏洩は、企業にダメージを与える。




これらのことは、インターネット環境および、インターネットを介して提供されるサービスの仕組みを少しでも考えたことがある人には容易に想像できる内容だったはずだ。

私はダウンロードしたらポケモンGOを数分で削除、アンインストールするに至ったが、これを読んでもなお使用し続けることを選ぶユーザーは、あなたがそのサービスを使用開始した時に同意した全ての約款により、後々データベース化された自分の情報が一生、或いは自分の死後も残り、任意のタイミングで参照され、マーケティングに使用され続ける事実を忘れてはならない。わかりやすく言えば、ポケモンGOユーザーは、24時間監視状態にあるということだ。

インターネットの仕組みを理解しないでインターネットを使う人。インターネットの仕組みを説明できないのにインターネットを分別の無い子供に与える親。
みんなやってるから大丈夫?そこに付け入るのがサイバーテロ。戦場で、弾丸1発では1人しか殺せなくても、サイバーテロはエンターキー1つでユーザー全員を被害者にできる。

この手のものに手を出す人に、使うな、やめとけ、と言ったところで聞く耳は持たれないだろうが、一つだけ。被害にあっても補填を求めるのは、人のミスに便乗して上前を撥ねようとするコソ泥に等しいということを忘れるなかれ。何故なら、遅かれ早かれ必ずあなたは被害にあう。悪行善行、性癖宗教、クレカ番号にキャッシュカードの暗証番号、全てが公衆に晒されてるものとして生活すれば、それが改めて暴露されたところで、何も被害は無いはずだからだ。無い被害の補填を受け取るのは矛盾する。

posted by 山 at 13:28 | Comment(0) | インターネット・サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: