seesaa_site_id = 'activation'; seesaa_floating = false;

2016年10月14日

8Kテレビのこと

えーと、末尾にも書いてあるけど、地上波で8kどころか4k放送でさえ出来ないんですが。

ttp://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20160930-OYT8T50010.html?seq=30

4kテレビ買った人は衛星放送だけのために買った?BSとBlu-rayのため?いや別にいんだけど。

あと、よくわからんのは、8kの技術開発云々言ってるけど、1画素当たりのサイズを小さくする技術はアナログ地上波の停波よりもはるか前に確立されている。安く売る技術の開発か?

「8Kテレビ」は日の丸家電復権の切り札か?って、御大層な見出しだけど、デジタル製品は簡単にコピーできるからね。なんで亀山が潰れた?

まぁ私の39インチで今年見た番組は正月特番1時間弱、熊本大震災1時間強。それ以外でスイッチさえ入れてない(PCのモニターとして使用はしている)ような人なので、どうしてもアホクサ目線になるんだけど、8k普及による効果を考えて見た。

高画素カメラが安くなるんじゃね?

フルハイビジョンは1920×1080画素(2,073,600画素)。
4kテレビは3840×2160画素(8,294,400画素)。
8kテレビは7680×4320画素(33,177,600画素)。

例えば僕の一眼デジカメ入門機、d3100でさえ4608×3072画素(14,155,776画素)。
これは4kテレビよりも高画素だが、8kのモニタではそのモニタの表示域を持て余す。

もしも8kテレビが普及すると、当然その放送を撮影するために33,177,600画素かそれ以上の画素数のセンサーを持つカメラが必要になる。最初は放送用とかで普及して、追い追い値段も下がって民生向け製品にも搭載する。

iPhone?6sから4kカメラですよ。要するに4kのセンサーは既に普及帯に入ってるってこと。8kを上回るセンサー搭載のカメラに入門機として登場してもらうにはこういうところからの刺激に頼れるかもしれないね。

おまけ1)
カメラは画素数よりセンサーのサイズとレンズらしいけどね。

おまけ2)
あと、人間の目の視神経は700万個ほどなので、これよりも画素数を増やしても認識できないけどね。

posted by 山 at 22:32 | Comment(0) | パソコン周辺機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

もはやテロリズムなWindows10へのアップデート


知らないうちにノートPCがWindowsが10になっちゃったらしい友人から、

「モニタに何にも表示されなくなった」

と相談されて、

「あー、外部モニタに飛んでっちゃったんじゃねぇの?」

というわけで、fnキーと何かを押してみてもダメ。調べたら、メーカーではその機種はWindows10非対応。core i3のなんだっけな。

少し前のやつで、当時のcore i3ってもうグラフィック統合チップだったと思うんだけど、それをWindows10が対応してない(汎用ドライバとして抱えてないって事かな?)んだと思う。

特にノートみたいな、ハードウェア的に特殊な要素が多い機器では、うっかりWindows10にすると大変な目にあう確率が高そうね。

どうせ自作のパーツじゃない(自作PCでもパーツまで自作の人なんかおらん。そもそもパーツを買ってきて差し込んだ程度で自作PCとかって気取ってるのを見るとヘソ茶)んだから、使ってるパーツのWindows10対応状況(メーカー公式ではなく、ユーザーレビュー的なやつ)の情報が出てきてからやれば良いと思うよ。

汎用ドライバfor Windows10的なやつを探して入れても良いんだけど、遠隔サポートはアレなので、Windows7に戻す手順を送って事なきを得た。

一度Windows10にしてしまうと、Windows7には「完全には」戻らないらしいので、注意されたい。

とはいえ、これまで、

「Windows10いかがっすか〜?(提案)」

てな感じのアプローチだったのが、最近、

「ほっといたらWindows10にします。(宣言)」

に変わった。否定しなければ同意したものとみなす、ということ。

ところで、Windows10に無償アップデートさせて、Microsoftにはどんなメリットがあるのかしらね。非対応ハードウェアが付いてるPCまでアップデートさせるってのは僕にはちょっとよくわかんないっす。

posted by 山 at 14:02 | Comment(0) | パソコン周辺機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする