seesaa_site_id = 'activation'; seesaa_floating = false;

2015年03月11日

某スーパーで産地を問い合わせてみた最終章

福島第一原発が相変わらず放射性物質を汚染水として垂れ流していたことがまたまた発覚しちゃったというニュースを見た2/25でしたかね、たまたま買い物に行ったいつものスーパーで、産地をよくよく見て魚を買おうとしたらば、それを嘲るかのように、

 【産地:日本】(゚Д゚)

そりゃないだろう、えぇ?日本って言ったら、あーた、竹島から北方領土まではいるじゃないの、てやんでぃ。樺太はどうなんだい、いや、北極とか?何言ってんだ北極には陸地は無いでしょうがばっかだねー。でも、随分前からこの表記の商品はけっこうあったので仕方ないのかな、はぁ。と諦め掛けたところで、たまたま店長と副店長のコンビに出くわしたんでやんす。

思い切って問い合わせましたよ。できればもう少し詳細な情報が欲しい。これでは書いてあってもなくても一緒じゃない。えぇ?あっしはね、東北の食品をクチじゃなくて、ウチに入れたく無い、ただそれだけなんだ、と…。

そしたら店長ね、そういう担当はもうこの時間にはいないのだけども、ダメ元でいっちょ調べてみるって言って裏に消えた数分後、教えてくれましたよ。流石だねぇ店長。宮城だって。あぁ、そうかい、東北産はあっしにはちょっと贅が過ぎるぜ。棚に戻さしておくんなせぇ、と言ったら、いんだぜ、こっちでやるからいいってことよ、って言ってくれましたよ。もちろん自分で戻しましたけどね。

できればね、こうやって問い合わせないと詳細がわからない商品を減らしてもらえないかね、とお願いしてお店を後にしましたよ。まぁね、それだけじゃなくて一悶着、ふた悶着ありましたけど、興味のある人はお手数ですが前記事を見てください。


はい、ここからは一昨日のことです。

いつものように食材を買いにそのスーパーに行きましたらばね、なんだかいつもと雰囲気が違うわけ。なんというか、明るいし、華やかな感じ。なんだ?なにが違うんだ?と、よーく見渡して、気付いた。ちょっと商品が違う。多種混合(刺し盛りともいう)が若干減って、単品が増えた。でもそれだけじゃない。答えはラベルにもあったのよね。

鯵 鳥取県
鰹 千葉県
鮭 ノルウェー チリ
烏賊 北海道
鰤 宮崎県
桜海老 台湾
鮪 セイシェル
雲丹 カナダ
甘海老 デンマーク
槍烏賊 アメリカ
牡蠣 岡山県
鱈 北海道
鰈 アメリカ
女梶木 宮崎県
魚花 北海道 (^_^;)
蛤 中華
浅蜊 熊本県
和布蕪 宮城県
背黒鰯 千葉県
真鯖 神奈川県
鯵 長崎県
鯣 富山県
木肌 鹿児島県
真鯛 愛媛県
銀鮭 宮城県
アラスカサーモン アメリカ
バナメイ マレーシア

思わず立ちすくんでしまったよ。
冷蔵庫のふちにつかまって、しばらく中を見渡して、パックに刻まれた県名をひとつひとつ確かめながら読んで、正直ね、涙が出そうなくらい嬉しかった。ちょっと出ちゃったかもね。店長ありがとうだよ。

それから、僕にとっては東北産や東北産かもしれないものを食すことが、こんなにもストレスだったんだな、と、改めて感じた。

さて、一つも二つも悶着しながら出した要望が、二週間経たずに達成されてる。個人商店じゃ無い。結構広い売り場面積で、いくつも支店のある中堅クラスのスーパーが、だ。切実さは伝わったのだろう。

でも店長も上司や経営側と果敢に立ち向かってくれたに違いない。これは一言お礼を言いたいぞと、店内を探していたら、せっせと値下げ札をつけている姿を発見。

私「こんにちは」

店長「あ!どうもこんにちはいらっしゃいませ。」

私「店長、全部県名入れてくれたんですね」

店長「あ、はい、可能な限り努力させて頂こうということになりまして…」

私「へぇ〜、正直驚かせて頂きました。嬉しい。ありがとうございます。」

店長「先日は申し訳ありませんでした」

私「何と御礼を言って良いかわかりません。」

店長「いえいえただですねぇ、、セールとかの〜、商品を大量に用意しないといけないときは範囲の広めの表記になってしまうこともあるかもしれませんのでぇ…そこをなんとかご了承頂けないかと…」

私「わかります、一箇所からの調達では間に合わないから混ざるのでしょうかね。」

店長「そうなんです」


ダメです( *`ω´)


なんて言えるわけもなく、

私「そう言うのは仕方がないのではないですか」
という何も面白くない答えをしてしまい。

店長「ありがとうございます」

私「こちらこそありがとうございます。お仕事中にお邪魔して申し訳ない、失礼します。」

店長「ほんとうにありがとうございます」


お金ってなんだろうね。
ビジネスってなんだろうね。
人間ってなんだろうね。

つくづく考えさせられたのでした。

今夜は肉ですけど、それが何か?

posted by 山 at 20:15 | Comment(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

某スーパーで産地を問い合わせてみた3

前回までのあらすじ。産地偽装だとか、先日また福島第一原発が汚染水の垂れ流しが発覚したりした後で、某スーパーマーケットの食品の産地表記が「日本」という、すがすがしいまでの開き直りな記載だったので、できればもう少し細かく知りたいな、と店長さんに問い合わせてみたところ、ご丁寧に調べてきてくれたのでした。そこまでは良かったのですが…


成敗。

店長「ただですね、一応産地を表記してるってことで法律的にはクリアしてるんですよ。」

ほ、法的に?ほぅ…ぷちん。
やっちゃったなこいつ( *`ω´)

私「あぁ?今なんつった。お前今なんつった?副店長今の聞いたか?」

副店長「や、その…」

私「店長、聞こえなかったってよ、もう一回言ってみろよ、法的には問題ないからウチらは知りません、それ以上知りたきゃ裁判でもなんでも起こしてみろよ、ってことを言ったんだよなぁ、そういう風に聞こえたぞ?あ?」

店長「や、お、おかくさま、こかくさま、、&@○△#」

私「なんだよ!こかくさまって!」

副店長「お客様申し訳ありません大変失礼しました」

私「本人は自分がなにを言ったかわかってないぞ」

パニクった店長、着けてたマスク外して

店長「大変申し訳ありませんでした」

私「法律云々レベルの話をいつしたんだよ、商品に関する問い合わせと要望を伝えてるんだろうがよ。なんで法律ベースの話に持ってくんだよ。こんな進言してくるやつが法律をクリアしてるかどうかもわからないで言ってくるとでも思ってるのかよバカにしてるのか。おかしいだろうがよ、争おうってのか?それならそれで構わないぞ?」

副店長「すべてお客様の仰る通りです。申し訳ございません」

店長「申し訳ございません。」

私「あんたが店長教育しなかったら誰がやるんだよ、他にいないだろうがよ。」

副店長「申し訳ございません。」

私「まぁいいや、今のは頭に来たな。で、なんだっけ?これ宮城産ね?」

店長「はい。」

私「じゃぁ戻しますね?いいですか?」

副店長「こちらで致しますので…」

私「いいよそんなのやるから。ちょっとさー、大きな声を出して申し訳なかったけど、とりあえず要望は言わせてもらいましたよ。副店長さん、社内で揉んで頂けるんですよね?」

店長「あの、早速明日にでもそうさせて頂きますので、結果をまた改めてご報告…」

私「いいですよ別に、ただの”いち、客”ですよ。御社の経営方針に何の強制力もない。ただ、権利として要望は要望として出しました。これを社内会議に乗せてもらったところでその結果、スルーするならばそれはそれが御社の経営方針なのでしょうし、それならそれで私は別の買い方を考えるだけです。私が要望を伝える権利があるのと同様に、あなた方には私の要望を聞き流す権利があることを承知しています。」

店長・副店長「はい、その通りと思います。」

私「いいですか、この程度の金額の買い物しかしない客がひとり減ったところで痛くも痒くもないのはわかってる。従わないと他行くぜ、みたいな陳腐なことを言って脅しになるわけじゃないし、脅してるつもりもない。わかってくれてますよね?流石に。」

店長「もちろんです。」

私「もうひとつだけ。」

副店長「はい」

私「客の要求を、法律云々を引っ張り出してきて突っぱねようとして、納得する客がどこにいるんだよ!」

副店長「重々…」

私「店長に言ってるんすけどーー」

店長「申し訳ございませんでした」

私「ま、今回のは抑えますけどね。」

店長・副店長「申し訳ございません」

私「まぁもう、謝るしかないよね。わかりました。では、お願いしますね。」

で、宮城ぃ産のカツオのタタキを陳列棚に戻しました、とさ。
久しぶりにひとりで買い物に行ったらすぐこれだ。抑止力って大事だなぉぃ^ ^
posted by 山 at 11:12 | Comment(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする