seesaa_site_id = 'activation'; seesaa_floating = false;

2016年09月06日

我流の安全への心得

ハロゲンの100wより明るいHIDまたはLED
モノが無いか
データが無いか
あれば魅力
ハロゲンの170wは消費電力食い過ぎで非実用的
走ってるのにバッテリーが上がっても困る

普通の車は55w4000k
私の右目は100w2600k
左目は55w4000kだが
これをブースターで1.7倍に引き上げている

何故「ちんば」か
ブースターは片側壊れたが既に廃盤
自家修繕を試みたが基板ごと死亡の診立て
アメ車だそうだが右ハンドル
運転席側が明るい方が見やすい
左のブースターを右側に移植するか

現状でも今んとこ
私のヘッドライトが作る昼間は
地上で最も明るい

中華の100w2600kが
安定の品質で片側不良
代品到着で両目とも100w2600kになる

人は日の元に進化した目を持つ
時間帯や天候にもよるが
日光は概ね2500〜3800k
夕方の2500k付近の色合いの陽光のあたりから
昼間の3800kあたりをつけるより
2500kあたりをつけた方が
目に馴染みやすいはず
4000kでも微妙なのに
6000kとか8000kとか
何事かと戸惑う

最近は修理が発端で火がついた

明かりは明るければ明るいほど偉い
ただし対向車に迷惑にならないように
光軸は厳に調整
何があっても対向車の運転席は照らしてはならない
見えないものを見ようとしても無駄
見えるところは全て見る
我流の安全への心得

posted by 山 at 09:31 | Comment(0) | cherokee | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月12日

チェロキーのドア下のロッカーパネルと入浴!?(・_・;?

僕のチェロキーは、
95年製造の96年式で初度登録が97年なんですが、
要するに95年から今まで、
まる17年以上経過しているわけです。

走行距離も間もなく170,000km、
バランスよく重ねて行っております。
何とか自分で治せる範囲の故障も味わい、
電気系、機関系、水周り、足回りと色々と学び、
このチェロキーから得た知識はカーライフの枠を超えて、
日常生活にも、仕事にも役立てております。

さて、またもや修理ネタです。
image-20130112093531.png
ドアの下部に貼ってある、ゴム製のパネル。
ロッカーパネルとかと呼ばれます。
チェロキーは、アスファルトで舗装された道以外にも、
いろんなところを走覇せんと企画されてる?車なので、
岩などへの接触から車体を守る目的が二割、
デザインが八割と思われるこのパネル。

両面テープで貼られているだけなんですが、
チェロキー自身が17年も経てば、テープ自身が劣化するのも頷けます。

ガソリンスタンドに行くたびに、

はがれかけてますよ、
はがれてますよ、
とれそうですよ、
どうしたんですか?

ええい、うるさい、分かってるわ( ; ; )

ついにガソリンスタンドで、スタンドマンの目の前で
無言でロッカーパネルを自分でむしり取り、
車内に放り込んでなにもなかったかのように
運転席に戻って給油完了を待ったあの日から
何ヶ月か立ちます。

なので、僕のチェロキー、
車体側には両面テープがライン状に残り、
一見すると道路脇の構造物に擦ったりしたようにも見え、
かっこ悪かったんですが、
年末年始にようやくまとまった時間が取れ、
車体側の両面テープの残りは剥がしきりました。

シールやテープを、
下地に傷をつけずに自動で剥がす機械はまだ無いそうで、
かといって、
溶剤を使うと車の塗装まで剥がれてしまいます。

そこで、これ。
image-20130112095126.png
ゴムの円盤を電動ドリルの先に装着し、
回転させながら擦って行きます。

値札の残りなどを剥がす時によく、
消しゴムでこするとキレイになったりする、
あの応用です。

自動ではありませんが、スピードアップははかれます。
よく考えたもんです。
もちろん、
施工前に周辺に付着した砂や土を洗い流します。
ゴムが巻き込んでしまうと、
砂粒で車体の塗装を削ってしまいますから。

image-20130112095442.png
なんか今度は、ロッカーパネルを剥がしたところだけ、
妙にキレイになってしまいました(;´Д`A
早めのロッカーパネルの再装着が望まれます。
そう、チェロキーが僕に望んでいます。
僕はチェロキーに望まれているんです。
きっと。

今日は、
剥がしてほっといたらグニャグニャに曲がって
クセがついたロッカーパネルを平に伸ばしてから、
残った両面テープを上の工具ではがして行こうと思います。

電動工具を使うと早いのですが、
決して楽では無いんですよ。
剥がすのに必要な力を、人力で供給するか、
電力で供給するかの違いだけですから。

電動工具が剥がす力を発揮する分、
反作用として、同じ力で電動工具を
押さえていないといけません。
運動不足の私は、容易に筋肉痛になるレベル。
得られるのは、作業時間の短縮です。

ロッカーパネルの、反り、や、ねじれ、は、
一緒にお風呂にはいればすぐに戻る…はず。
というわけで、風呂に入ります(^ー^)ノ
posted by 山 at 10:14 | Comment(0) | cherokee | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする