seesaa_site_id = 'activation'; seesaa_floating = false;

2017年09月27日

【炎上】coleman 200A ジェネレーター目詰まり

そいえば今回、自分のランタン、本来ジェネレーターの先端から燃料が噴出するはずなのに、ジェネレーターが詰まったせいで、ジェネレーターをランタン本体に固定するフレアナットのあたりからガソリンが染み出し、火だるまになりましたの。


んで、ほっておくと燃料が尽きて消える、とかという単純な問題ではなく、染み出し続ける燃料がタンクにかかり続け、それが燃え続けると何が起こるかというと、んまぁご想像の通り、素直に爆発します。破裂とか豪燃ではなく、文字通り爆発。


なので、火だるまのランタンを絶対に離さずに、ガソリンがかかって燃えている燃料弁にフーッと息を吹きかけて一時的に燃料弁に火がついていない状況を作っては閉じる方向にひねり、また引火してきたらフーッ、を繰り返し、ことなきを得ました。


私はやるべきことをやるしかないので必死でしたが、相方が大丈夫なの?!とか。ふーふーしないといけないから返事するゆとりなんかない。終わって見たら相方はかなり慌てたご様子。


久しぶりに焦ったわ。写真?ないわそんなん。アホかw


今回の火だるまはcoleman 200Aで、燃料バルブが全開までに何回転もさせるタイプだったので、燃料弁を閉じるのに難儀しました。が、最近の286あたりのモデルはせいぜいオフから全開まで180度くらいひねれば終わるので、こういう意味でも最近のが進歩してると言えるかもしれません。

posted by 山 at 13:29 | Comment(0) | coleman | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする