seesaa_site_id = 'activation'; seesaa_floating = false;

2017年09月27日

【焚き火台って水洗いしますの?】


キャンプサイトで他のグループを見ると、慣れの具合とかその人たちのコンセプトとか色んなことがわかるもんだけど、ここ数年はメーカーのカタログに憧れて、全部同じブランドで揃えて、下手するとテントからタープからテーブルセットから、全部カタログ通りの配置にしないと気が済まない、そういう方が増えた気がする。かと思えば、撤収準備中に川や水道で焚き火台を洗う人々。


私はそもそも焚き火台の必要がないので所有していない。地面での直火が禁止されているキャンプサイトでは、炭用のグリルの上で火遊びをするので、出番がない。この中に調理した食品から出た油などが中に落ちることなどよくあるが、きちんと最後まで焼き締めるので、灰を落とすだけだが室内保管でも匂いは出ない。水をつけないので錆びにくく、持ちもいい。炭用のグリルはシーズンごと、下手すれば毎回買い替える人もいるようだが、一体何をしてるんだ?うちのは高級品ではないが5年は使ってる。


そんな話をすると、何故歪んだり錆びたりしないのかと聞かれるが、理由は簡単、水をかけないから。金属板は均等に冷ませば歪まないが、水をかけるなどして部分的に急冷されて熱膨張率が変わると突然ペコン、と音を出してねじれる。水分に晒さなければ錆びにくい、そんくらい知っとけ。


焚き火台はステンレス製が多いが、このステンレス板の切片は切りっぱなしのものや、折り曲げ加工されていても取扱にそれなりに注意を要するものが多い。付着汚れをこそげ落とそうとタワシでその切片あたりをガリガリやると、勢い余って手がザックリ切れます。


ワシより上級者なんていくらでもいるだろうけど、ワシの目線で見ていてヒヤヒヤさせられる人が多いのと、だからって、いやそれは違いますよ、こうした方がいいですよ、みたいな声掛けなんかするわけないので、ためているモヤモヤをここに書いて見ました。ごめんなさい。

posted by 山 at 13:24 | Comment(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

キャンプ致しました( ´ ▽ ` )ノその2

前記事、キャンプ致しました( ´ ▽ ` )ノその1からの続き。

で、結局02:30AM頃に就寝となりました。朝方は冷えるだろうと予想してましたが、準備しておいたダウンジャケットを着るほどではなく、若干拍子抜け気味でした。

いつもなら、キャンプサイトではチェロキーの温度計を見るのがならわしですが、なぜかそうしなかったので正確な気温は不明なものの、同行の寒がりようからは、一桁だったかもしれません。

ただし、だいたい河原っていう場所は頭上には何もなく、少し日が上ればもうそこは炎天下。すぐに寒さは吹き飛びます。
ちなみに、この辺です。
image-20131003223632.png
丹沢地方です。

ともあれ、腹は減る。
image-20131003214147.png
炭で調理してましたが、風が出て来てガソリン(レギュラー)調理に切り替え。
image-20131003214311.png
風がなければ炭の方が強いんですがね。

ボーイスカウトかなんかでは、余った食材は現地に埋めて、その土地の餓鬼を鎮めるだなどと教えるそうですが、実際のところ、外に持ってった食材を持って帰って食べるのは、リスキーだからでしょう。

よし、では餓鬼なんかどうでもいいから全部食べよう。
豚タン、牛カルビ、ウインナー、豚ブロック、エリンギ、おっと、ここでピーマン登場(滅びろ!)。以上、前菜。
クロワッサン、チーズ、ソーセージ。箸休め。
鶏モモ炭焼き、焼きイカ入り醤油バター焼きそば。メイン。

もう、食えん!パスタまで到達できず…乾麺くらい、持ち帰るべな。

そうこうしているうちに、
image-20131003215653.png
定点観測。
image-20131003215715.png
日がくれますぜ。お開きの時間です。

キャンプに限らず、アウトドア的な何かをしたあとの片付けほどおっくうなことはなく、淡々と、ダラダラと片付けながら、気づいたら17時20分。17時には出たいと思ってましたが、誤差の範囲か。

日が暮れ切らないギリギリに出発して間もなくの遭遇。
image-20131003221042.png
image-20131003221057.png
image-20131003221116.png
いやいや、もう食べれないってば。野生ね、養殖よりは身がしまってうまい?…ん?
image-20131003221127.png
きゃあきゃあ、目からビームよΣ(・□・;)
image-20131003221144.png
なんつっ亭⊂((・⊥・))⊃

以前はこのあたりまでは降りて来てなかったと思いましたが、実際に今、そこにいる。ということは、この鹿を捕食するものも、そこにいるということ。
image-20131003221154.png
今さら異常気象などという普通の気象をどうこう言っても驚きませんが、現実に生態系の変化を目にすると、ちょっと考えさせられます。だから、もっと寒くなったらまた来よう。

追伸、帰路、ヘッドライトの片目が切れました。車載在庫にサクッと交換しましたが、左右の目玉の色が違う。助手席側が白で、運転席側が黄色。まぁ、私的には一番見やすい色の組み合わせなんですが、車検的にはダメね。両目とも、黄色に変えようと思います。

祭りの後。
image-20131003223523.png
今週末…⁈
posted by 山 at 22:39 | Comment(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする