seesaa_site_id = 'activation'; seesaa_floating = false;

2018年05月24日

【yama-farm】タカラダニとの戦い

トマトは栄養分を集中させることと、深部まで日を当てるために脇芽を取る。とった脇芽はそのまま水にでも挿しておけば根が出るので、それを土に刺せばまた育つ。


この脇芽を苗として機能するくらいまで育てることが目的で放置していたが、そろそろ良い頃合いだと、むしった脇芽をプラのコップに挿しておいたら数日で下部にブツブツが出てきた。また数日したらちゃんと根が出るかな。

0DEDB77F-51E5-475A-A9EB-D13AC4663B43.jpg

しかし、写真にも写ってる赤い点、タカラダニというやつ。ダニという名前をよそに、悪さはしないらしいが見た目がよろしくない。踏んで潰すと真っ赤な汁が出る。とても気味の良いものではない。


昔の人たちは井戸を掘るのにタカラダニがいるところを探して掘ったという。命名根拠はここだろう。そのくせに日当たりの良いコンクリートが好きで集まりやすいとか、タカラダニも悠久の時を経て進化しているのだろうか。


調べてみると、中性洗剤をまくとよいとか、アラビックヤマトみたいなPVA系の糊を薄めてまくとよいとか、タカラダニ関連のブログなんかは結構色々出てくるが、あまりにもたくさんいるので辟易。


ならばと台所洗剤を薄めてタカラダニの集団に噴射したら確かに動きが止まり、乾いたあとは赤い粒として転がってる。


こんなに大量の殺戮を、いとも簡単にやってのける人間は、いや、ワシは、なんと残酷なのだろうと少しセンチな気分になる、わけもなく、


台所洗剤よりも車窓用のウォッシャー液を噴霧した方が白く残らないのではないかという予想と、実はその方が安いのではないかという間違った計算をして、


ホームセンターで2リットル198円のウォッシャー液を調達して喜び勇んで帰ってきて早速まいてみるも、噴霧した瞬間は動きが止まるものの、再び動き出す。


しかも、青いウォッシャー液が乾くと、青い乾燥跡が出現。この青いのは雨が降れば消えるだろうが、界面活性剤の濃度が足りない可能性と予想して、次の一手としてためらわずアースジェットを噴霧。


あたりまえのようにバタバタと死んでいくのは気の毒だが世帯主は私である。こうやって攻防してるうちに7月頃には姿を消すらしいから、その頃だけ頑張って、七月に殲滅したことにしようかというズルを考えている。

posted by 山 at 09:40 | Comment(0) | 駆除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【yama-farm】トマトの苗がいつのまにか花が咲いて実がなってた話

うちのトマト

少し伸びた苗が半額だったので

2鉢作成

伸びてる方がお得な感じもするのに

半額とは更にお得感

お陰で鉢は2つ買ったから倍額

E8CF72F1-595E-4F5A-8038-F0BD1E7B99E8.jpg

バジルと植えると

虫が来にくいとかで

一部見えてるかも

1E87D0EB-8B86-4BDF-A617-0562609D394A.jpg

植えたのをどこにアップする間もなく

いつの間にやら

花から実へ

トランスフォーム

39B4F1CD-F847-4B38-A2AD-2FD55660E660.jpg

水だけは帰宅時に

30mもの長いロールホースを

1mくらい伸ばして

与えている

posted by 山 at 09:21 | Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする