seesaa_site_id = 'activation'; seesaa_floating = false;

2016年09月06日

我流の安全への心得

ハロゲンの100wより明るいHIDまたはLED
モノが無いか
データが無いか
あれば魅力
ハロゲンの170wは消費電力食い過ぎで非実用的
走ってるのにバッテリーが上がっても困る

普通の車は55w4000k
私の右目は100w2600k
左目は55w4000kだが
これをブースターで1.7倍に引き上げている

何故「ちんば」か
ブースターは片側壊れたが既に廃盤
自家修繕を試みたが基板ごと死亡の診立て
アメ車だそうだが右ハンドル
運転席側が明るい方が見やすい
左のブースターを右側に移植するか

現状でも今んとこ
私のヘッドライトが作る昼間は
地上で最も明るい

中華の100w2600kが
安定の品質で片側不良
代品到着で両目とも100w2600kになる

人は日の元に進化した目を持つ
時間帯や天候にもよるが
日光は概ね2500〜3800k
夕方の2500k付近の色合いの陽光のあたりから
昼間の3800kあたりをつけるより
2500kあたりをつけた方が
目に馴染みやすいはず
4000kでも微妙なのに
6000kとか8000kとか
何事かと戸惑う

最近は修理が発端で火がついた

明かりは明るければ明るいほど偉い
ただし対向車に迷惑にならないように
光軸は厳に調整
何があっても対向車の運転席は照らしてはならない
見えないものを見ようとしても無駄
見えるところは全て見る
我流の安全への心得

posted by 山 at 09:31 | Comment(0) | cherokee | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

【夏季休暇のお知らせ〜作業者は永久にお休み】

ttps://news.careerconnection.jp/?p=26775

バカンス満喫中のイタリアと日本の一人あたりのGDPがほぼ変わらないのだそうだ。
労働生産性に至ってはボロ負けなんだそうだ。とりあえずそういうことになったらしい。
計算式も正確性も検証してないので以下駄文。


日本の職場では、机にかじりついて仕事をしてるふりをすることと拘束時間をちゃんと拘束されているように周りから見えるようにすることが大切。一昔前に比べて夏季休暇取得がバラけてきたおかげで、日本の職場では、出勤しても取引先が休みなので1日時間を潰すだけとか茶飯事。ピチカートファイヴあたりに歌ってほしいこれ。

何?それはデスクワークの人の話だと?工場内作業は機械がとって変われることなんだから仕事じゃなくて作業。製造も運転もテレアポもみんな機械が代わりをできる。あなたじゃなくてもいいの。わかる?わかったら回れ右。

とにかく、仕事をしてるふりだけの時間を除いて計算すればまた違った数字にはなりそうだけど、仕事をしてるふりの人を「摘発」しない限りは賃金が発生してるから、それはそれでおかしな数値になる。

作業は機械がやればいい。僕の仕事は次に機械になにをやらせるか、どうやってやらせるかを考えることで、別に出社なんかしなくても海の上でも布団の中でも出来ることだが、何かひらめくまで何もしてないのと一緒。客も職場も僕を時間で縛りたがるので、機械に付き添う僕は機械の仕事の仕上がり時間まで調節してやってる。早く終わったら困るんだよ。

僕には世間を変える力もそんな気もない。そんなの僕の仕事ではない。はっきり言って他人の財布に興味は壊滅的にゼロで、自分の賃金を下げずにどこまで楽を出来るかにチャレンジし続けているだけである。

とかって言うと、一介の作業者の中から、職場からの不当搾取だというヒガミクズが湧くので、不当搾取だとすればとっととクビになるだろうから。そんなのが湧いたところで一笑に伏すが、作業者目線の会話には応じるつもりはない。むしろ僕は、1日のうち1分でも一秒でも長くサボってるように見られたいね。

このろくでもない素晴らしき世界。
posted by 山 at 08:34 | Comment(0) | 企業・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする